引用 1 9月 2,112 リアクション

2013-10-17 コンドームの効果を、技術者視点で娘に淡々と語れる人 [長年日記]

家族で、3億円事件を扱うドラマ「クロコーチ」を見ていました。

そこで主役の黒河内刑事が、愛人を殺した犯人に対して「ゴムはしていたのか?」と尋ねるシーンがありました。

二人の娘から、同時に「ゴムって何?」と尋ねられて、夫婦で固まってしまいました。

しかし、小5の次女はともかく、中3の長女が暗語として「ゴム」を知らないのは、半端ではなくマズイ状況であると思いました。

で、私が何をしたかというと、会社帰りに、ドラッグストアで一番安い420円のモノを購入したのです。

コンドームです。

——-

深夜11時半すぎ、次女が部屋で眠ったのを確認して、長女を掴まえて、リビングのテーブルで話を始めました。

江端:「最初に確認したいが、SEXの仕組みと意義については理解しているんだよな」

長女:「一応。学校でも習ったし」

江端:「では、『ゴム』を教える。これだ。正式名称は『コンドーム』と言われるものだ」

と言いつつ、コンドームの箱を開けて、中身を取り出して、ピンク色のゴムの物体を、伸ばして長女に見せる私。

長女:「コンドームなら知っているけど。そうか、これが、実物のコンドームかー」

江端:「簡単に言えばゴム風船だ。これを男性器に被せて、精液の流出を防ぐことで、受精を妨げる役割をする。もっともポピュラーな避妊具だ」

長女:「そりゃ、分かるんだけど、なんで、わざわざ私にそんなもの見せる訳?」

江端:「コンドームが単なる避妊具にすぎないという認識では、お前の命にかかわると思ったからだ」

長女:「え? 避妊具なんでしょ?」

江端:「避妊の手段は、まだ沢山ある。例えば女性の膣に薬品を入れて、精子を全滅させるという避妊手段もある。一方、単に女性の性器の外に射精すれば、それで安全に避妊できると『誤解』をしているバカもまだいるようだが」

長女:「パパが何を言いたいのか、よく分からないのだけど?」

江端:「コンドームの最大の目的は、『エイズの感染防止』だ」

長女:「エイズ・・・」

江端:「後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome:AIDS)。詳しいことは省略するが、感染すると潜伏期間が恐しく長く(10年程度)、発病すれば、原則死に至る病(やまい)だ。現在、完全に治癒できるクスリは存在しない」

長女:「・・・」

江端:「日常の生活では、感染率は恐しく低い。接触感染やキスでも染感は難しい。ところが、SEXにおいては、感染率が跳ね上がるんだ。SEXというのは、性器の激しい摩擦運動を基本とするものだから」

長女:「パパ。もうちょっと、その激しい表現をなんとかできないかな?」

江端:「恥しがっている場合じゃない。お前がHIVやエイズのことを知らないということは、中学3年生レベルは同程度と考えるべきだろう。『ゴム→コンドーム→HIV、エイズ予防』と、直線的に思い出すくらいの教育が、されていないということだ。パパにはこっちのほうがショックだ」

長女:「・・・」

江端:「女性にとって、妊娠のリスクは相当なものだろうが、エイズには『死のリスク』があるんだ」

長女:「わかった! わかった! わかったけど、で、私にどうしろ、と?」

江端:「このコンドームを常時携帯しろ。サイフの中がベストだが、鞄の奥でも構わん」

長女:「えーーー! ヤダよーー!! 彼氏もいないのに、必要ないじゃん?」

江端:「世の中の男が、全て理論的で理性的な生き物であれば、女性が性犯罪の被害者になるはずはない。愛がなくてもSEXはできるぞ。特に男は全く問題ない」

長女:「・・・」

江端:「エイズの怖いところは、潜伏期間の恐しいほどの長さだ。お前の将来の彼氏の、元カノの、元カレの、元カノの、元カレが感染していたとしていれば、その関係者、間違いなく全員感染していて、そして、今でも、その感染を知らないで、元気に毎日生活しているぞ」

長女:「・・・」

江端:「それとな、このコンドームを装着するSEXって、けっこう『気持ち悪い』んだ。多分、男性の殆どは、コンドームを付けないでSEXしたいと思っている。色々理由をつけて、コンドームを拒否する男もいる」

長女:「なんで、そんなことが分かるの?」

江端:「その気持ちが凄く理解できるからだ」

長女:「!」

江端:「というか、コンドームすると勃起が弱くなって、SEXできなくなることが結構、多かったんだ。でな、あれ、行為の最中にSEXが中断してしまうのは、男にとっては『死ぬほど恥しい』」

長女:「あのさ、話の途中で何だけど、私、父親とこういう話をしている状況が『死ぬほど恥しい』んだけど」

江端:「我慢しろ。もう少しで終わる」

長女:「わかった」

江端:「お前が意に沿わない相手から体を要求された時、さっそうと『コンドーム』を出して、そして、今の『エイズ感染のリスク』の話でもしてみろ。絶対にどん引きするから」

長女:「そりゃ、そーだろうねー」

江端:「これは、命懸けで、HIVやエイズと闘っている人には、本当に申し訳ないと思うけど、緊急避難の方便として使わせて貰う、という手もある」

長女:「ん?」

江端:「『私の父親、私の出産時にHIVのキャリアだったけど、それでも、私と「する」?』って言ってみる。賭けてもいいが、そいつ『できなくなる』から 」

長女:「え? 赤ちゃんにも感染するの?」

江端:「遺伝としてはHIVは感染しないよ。でも、パパが感染していれば、ママが感染しているのはほぼ確実だろう? 胎児は、母親の産道を通って「血塗れ」で生まれてくるんだ。滅茶苦茶リスク高いぞ(*1)」

(*1)事前にHIV感染が判っていればリスクをかなり下げることができます。

江端:「ま、何が言いたいのかというと、コンドームの使用を拒否する男は、お前を愛していない男、と同義であると考えて良い、ということだ」

長女:「・・・」

江端:「『ということを、父親から言われたのだけど』と付け加えると、さらに効果的だろう」

長女:「・・・」

江端:「『コンドームを使ったら、その使用数を父に報告しろとも言われている』とまで、言い切れば、完璧だろう」

長女:「ママー、もう、パパと話すの嫌だよーー」

嫁さん:「まあ『コンドームは必ず使うようにしなさい』ということよ」

江端:「で、持ち歩くんだろうな?」

長女:「やだよ!」

江端:「じゃあ、机の引き出しか、ベッドの下に入れておく、とか」

長女:「パパは、自宅で娘が『やっていて』もいいのか!」

江端:「そりゃ、よかないが、娘の死のリスクに比べれば、受忍できる範囲だ」

長女:「ママー! パパを、なんとかしてよーーー!!」

——-

という訳で、折角、私の買ってきたコンドームは、タンスの引き出しに格納されることになりました。

その後、コンドームに1リットル近い水が入ることを実験して、日本の技術力を自慢したり、現状の日本における生殖技術について娘に語っていたら、午前2時近くになってしまいました。

——-

翌朝、嫁さんに車で駅までおくって貰いながら、二人で会話をしていました。

江端:「あの手の話をするのは、母親の方がプロパーだと思うんだけどな」

嫁さん:「コンドームの効果を、技術者視点で淡々と娘に語れる人がいるんだから、別にいいんじゃないの?」

画像 1 9月 203 リアクション highlandvalley:

【漫画日記】わかった!嫌いなんだ! http://t.co/wUZm6UAc9U
引用 1 9月 861 リアクション
ちなみに、EDは加齢のせいだと思っている人が多くいるが、実は動脈硬化の初期症状ということはあまり知られていないそうだ。陰茎の血管は1-2mm程度と最も細くデリケートで、動脈硬化が陰茎の血管に最初に現れ、徐々にその他の動脈に派生するという。心筋梗塞や脳卒中を患った人は皆EDを早い段階で認識していたという報告もあり、男性の場合、血管系の病気のサインをEDが教えてくれると意識したほうがよさそうだ。
引用 1 9月 871 リアクション
・保守的傾向の強い人は、必要以上の保険料を払い、楽観的な人ほどギャンブルにお金を払う。面白いことに、この生命保険とギャンブルの市場は、どちらも約20兆円と同程度の市場規模を持っている。つまり、不安と欲望に飲まれてお金を失う人が、一定の割合でいるのである。
引用 1 9月 1,211 リアクション
若い友人が念願の学割Psを買って「Photoshopを使いこなすためにはどう勉強すればいいですか?」と聞いてきたので「クソコラを作れ。そして妙に凝ったクソコラを目指せ」と言ってみたら、ピンクの丸字で「今日は生でもいいよ……」と書かれた、背景がユッケの輝く牛画像という神コラ作ってた
— Twitter / ukyo_rst (via oblikva)

(出典: kossie89)

引用 1 9月 864 リアクション
安藤美姫いいこと言った。「日本ではアスリートがお茶飲んでたり休日取ったりすると「練習さぼるな」って言われる。オンとオフ切り替えられない」しばき系の人に聞かせたい
引用 1 9月 1,116 リアクション
「twitterがバカ発見器ならfacebookは痛いオッサン発見器」と言った人があるそうで、実にうまいことを言うなあと感心しきり。本当にfacebookになると呑んべえのあいつも女好きのあいつも、みんなスポーツ自転車やフットサル、ワインに途上国支援に熱心な痛いオッサンに化ける。
引用 1 9月 950 リアクション
日本人は「なぜこんなに頑張ってるのに報われないのか」と不満を感じがち。頑張りを「目標を定めて戦略を立て行動すること」と捉えてれば「報われないのは私の戦略が間違ってるから」となるはず。しかし日本人は頑張りを「自己犠牲」として捉えるので、「私はこんなに自分を犠牲にしてるのに」となる
引用 1 9月 1,130 リアクション
スポーツ用品販売の「アルペン」の例
週休3日制を全店舗に導入している
ただし、3日のうち1日はスポーツに当てるのがルールで、生きた知識を仕入れて顧客に伝えることを大事にしている
引用 1 9月 1,033 リアクション
ミスでも過失でも犯した人を10まで責めちゃいけない。8までにしておけばその人も面目を丸潰れにされないし謝罪して立ち直れる。つまり、あとの2で逃げ道を作ってやる。それが限度をわきまえるということだけど、今はすぐ限度までいっちゃうから世の中が息苦しい。この2を念頭に置こう。
引用 1 9月 1,131 リアクション
本物のボディビルダーはガリな奴を馬鹿にしたりしない
最初は誰もがガリだったからだ
そしてガリの腕が少しでも太くなればそれを褒める
そのためにどれほどの努力が必要か知ってるからだ
ボディビルダーは武士だと思う
引用 1 9月 822 リアクション
「議論しましょう」っていうのが「俺の話聞けよ」「あわよくば同意しろよ」とほぼ同意だってことは20年くらいしか生きてないわたしでも薄々感じてますよ
引用 1 9月 1,158 リアクション
今まで人生で一番成功したダイエットって部屋を真っ暗にして延々とPerfumeのライブDVD再生しながら滅茶苦茶に踊りまくるってヤツなんだけど、1時間ほど続けていると頭がハイになってきてその内「テレビ前で踊ることで私がPerfumeを操ってるんじゃないか」と思い込み始めてたから危険
— Twitter / BLzip (via hutaba)
引用 1 9月 909 リアクション
黙っていることが出来ないアメリカ人向けに作られたブレインストーミングのルールを、何の疑問も抱かずに日本人に適用しても充分なクリエイティビティを引き出すことは出来ない。
引用 1 9月 860 リアクション
社会に出たことの無い子供に「お前は社会に出たらやってけない」と呪いをかけて主導権握る人とその被害者、意外と多い。

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Tumblrによって提供されています.